キャンプ場紹介

【徹底レポート】白馬森のわさび農園オートキャンプ場

キャンプ場のいいところ

☆白馬村の山々を一望

☆自家製ワサビを堪能できる

☆トイレ、炊事場が綺麗

【八方尾根スキー場】をはじめ、多くの人気スキー場が連なる長野県白馬村。

この地域の魅力は何と言っても”美しい山々”

今回のキャンプ場は個人的に、白馬村で随一の絶景キャンプ場ではないかと思います。

それではご紹介!

【我が家の利用履歴】

10月下旬

アクセス

🔷住所 長野県北安曇野郡白馬村神城19520-1

🔷TEL 0261753355

マップ

🔷標高 約700m

🔷平地との気温差 約-5.5℃

基本情報

通常営業期間4月~11月
冬期間営業一部サイトのみ解放
予約方法ネット予約
電話
チェックイン13:00~17:00
チェックアウト11:00
トイレ洋式
直火禁止
ゴミ捨て場有り
支払い方法現金
pay pay
LINE pay
※クレジットカード不可

予約状況次第で、チェックイン、チェックアウト時間の調整が可能なようです。必要な方は、相談してみて下さい。

基本料金・販売品

基本使用料金

🔷基本料金

 大人:500円(1,000円)

 小学生以上:300円(600円)

 ( )はグランピング時

 小学生以下は無料

🔷ゴミ処分料 500円/1サイト

販売品

🔶薪 600円

🔶炭 300円

🔶BBQセット 1,000円

🔶キャンプセット(4人分) 9,800円

サイト情報

区画数、サイズ

一般オートサイト
(11m×11m)
51区画
林間オートサイト
(11m×11m)
47区画
AC電源付きサイト
(11m×11m)
17区画
広い林間サイト
(14m×18m)
4区画
広いオートサイト
(14m×18m)
5区画
ドックラン付きサイト 4区画
広いドックランサイト 7区画
グランピングサイト 3区画

サイト利用料金

一般オートサイト3,200円
林間オートサイト 3,200円
AC電源付きサイト 4,200円
広いオートサイト 5,200円
広い林間サイト 5,200円
ドックラン付きサイト 6,300円
広いドックランサイト 7,300円
グランピングサイト 32,000円
ハイシーズン時の割り増し料金

各サイト +1,000円

グランピングサイト +10,000円

サイト構成

〔場内マップ〕

【サイト基本情報】

✔区画サイトのみ

✔サイト内車両乗り入れOK

白馬アルプスを正面に、番号分けされた約120区画で構成されています。

ただし、山々を眺められる見晴らしのいいサイトは限定的。

筆者主観でオススメ展望エリアに星マーク(☆)を記載しました。

今回、このエリアを利用しましたのでご紹介していきます。

一般オートサイト

このキャンプ場で最もサイト数が多いのが、一般オートサイトです。

それぞれ段差や木などで区分けされた構造になっています。

そこまでプライバシーが守られていないので、混雑時はタープなどで工夫した方がいいと思います。

サイトの広さや形状は、わりとバラバラ。

混雑時でなければ、一回りして好みのサイトを見つけましょう。

一般オートサイトのオススメNo

30、33、54~58、62~64番

中にはワサビが生い茂っているサイトも。

なんだかほっこり。

全サイトにウッドチップが敷き詰められています。

土質も相まって、結構フカフカな印象でした。

サイト番号55番を利用しました

・カマボコテント3Mを設営

・車両はサイト内に駐車

ここが一番眺めがいいかな~と感じたサイトに設営することができました。

車両+ツールームテントで、残ったスペースはこのくらい。

4人家族なら丁度いいかなといったところです。

気兼ねなくタープを使用したい場合は、ドームテントを選択するのもいいでしょう。

また、ハイエースなどの大型車両の場合、駐車位置を含め少し工夫が必要になるかもしれません。

このサイトには、木製のイスが常設されていました。

ここに座って景色を眺めるだけで1日が終わってしまいそう。。

今回は、サイドテーブル代わりに利用させてもらいました。

ちなみにイスが常設されているサイトはごくわずか。

そこも加味して、サイト番号55番は個人的に一等地だと感じました。

サイトの地面に注意

〔エリッゼステークを使用〕

筆者が利用したサイトの地面は、部分的にかなり柔らかい印象でした。

ペグを深く打ち込んでも、手で抜き差しできるレベル。

さらに、所々に硬い石が潜んでいるようです。

ピンペグやプラスチックペグだと相性がわるいと感じました。

筆者は、長さ28cmを使用した後、抜けそうな気配を感じて38cmに変更しました。

これにより多少はマシになった印象はありますが、過信は禁物です。

風の影響を受けやすいタープの設営は、当日の天候とよく相談が必要でしょう。

林間オートサイト

パッと見た感じでは、林間オートサイトと一般オートサイトの区分がわかりませんでした。。

おそらくココだろうと感じたエリアをご紹介しておきます。

景色はもう一息ですが、木々による日陰が多くて夏場には最適な印象でした。

電源付きオートサイト

電源付きオートサイトは全17区画。

通常のオートサイトの中に混在しており、サイトの広さは他オートサイトと同じです。

電源オートサイトのオススメNo

91~94番

広い林間サイト

通常オートサイトより2,000円ほど金額がアップする広いサイトです。

表記は14m×18m。

景色があまり望めない奥まった場所にあるサイトの為、騒がしくなりやすいグループキャンプには最適かなと思います。

おおきな段差も無いため、設営の自由度が高いのは利点となるでしょう。

気になったのは、背後の道を通るトラックの音。

訪れたのは平日だったので休日はなんともですが、参考までに。

なお今回訪れた際は、【ドックランサイト】や【広いオートサイト】周辺は工事中の為、見学できませんでした。

次回レポート致します(ペコリ)。

【檜のウッドデッキ】グランピングサイト

全3区画。

2020年頃にリニューアルしたようです。

2021年は、スノーピークの【スピアヘッドPro.L】がお出迎え。

手ぶらでキャンプデビューを目論む方にはもってこいでしょう。

それにしても【檜】ってやっぱり響きがいいですよね。

この日は、利用者がいませんでしたがしっかりライトアップされていました。

パーティー感は満点。

誰もいないのに誰かいそうな雰囲気が漂います。

各設備

キャンプサイトのトイレ

トイレは、男性も含め洋式のみ。

トイレと炊事場は一体型になっています。

一般及び林間オートサイト(高台エリア)を利用するならここがメインとなります。

比較的、新しい設備なのでしょうか、かなり綺麗な印象を受けました。

余談ですが、筆者がトイレの扉を開けた瞬間に【カメムシ】が飛んで行き「うわァァ!」と一人で大声を出したのは秘密です。

炊事場

炊事場もにとにかく綺麗の一言。

清掃状態も申し分ありません。

ファミリーでも安心して使用できると思います。

先ほどの男子トイレの件も含め、新型コロナウイルス対策に力が入っています。

個人的には、並みのキャンプ場より上な印象でした。

水道水は、白馬アルプスの湧水を利用しているのでしょうか?

10月下旬の利用でしたが、ぶっ刺さるように水が冷たくて泣けました(苦笑)。

ゴム手袋を持参するなど、覚悟して望んで下さい。

場内道路

場内は車両でぐるっと一回り可能です。

ですが、地面が結構ゴツゴツ。

車高の低い車は、地面をよく観察しながら進みましょう。

最徐行は必須です。

灰捨て場

灰捨て場は各所に点在。

付近には、花火広場も用意されていました。

ゴミ捨て場

ゴミ捨て場は、個室になっており夜間も照明がバッチリでした。

捨てられるゴミを記載してきます。

透明袋で出すもの・生ごみ
・プラスチック
・紙
・布、革製品
・ゴム製品
・発泡スチロール
・ガラスくず
・陶器くず
・金属類
仕分けが必要なもの・アルミ缶
・ガラス瓶
・段ボール
・ペットボトル
・灰、炭
・乾電池

受付、売店施設

カフェのような雰囲気のある受付施設です。

2021年には、屋外サウナ施設がオープンした模様です。

気になる方は、予約サイトにて詳細をご確認下さい。

【サウナ情報】

●フィンランド式サウナ(80℃前後)

●料金 12,000円(1~4名貸し切り時)

●水着は持参

●タオル類は販売あり

●シャワールームあり

夜の管理棟がなんだか幻想的でしたのでパシャリ。

この日は、星空も満点でした(撮れていませんが汗)。

わさび畑

このキャンプ場では、わさびの収穫体験をすることが可能です。

子供が収穫して、親が堪能なんてオツじゃないでしょうか。

ただし2021年現在は、新型コロナウイルスの関係で休止の状態。

早く復活することを願うばかりです。

オススメ商品!

売店で購入させていただきました。

オリジナル商品の【陸わさび醤油】です。

価格は、590円(税込み)

手当たり次第に使用してみましたが、サーモンなどの脂がのっているお刺身によく合う気がします。

わさび特有のツンとした味わいが強すぎないので、お子さんでもイケるかもしれません。

冬キャンプ解放!

2021年より、冬季間の営業(12月~3月)を開始したそうです。

サイトは限定的になりますが、冬の白馬村というエクストリームでキャンプを楽しむのも一興でしょう(筆者にその勇気はなし)。

【解放サイト】

 🔶AC電源サイト 6サイト

 🔶オートサイト 4サイト

・4輪駆動限定

・スタッドレスタイヤ必須

・チェーン持参

・炊事場、トイレは管理棟のみ

・雪かきスコップ持参

・最低気温マイナス10℃以下にもなる

・一晩で1mくらい積雪の可能性があり

周辺施設

ザ・ビッグ 白馬店

買い出しならここ一択!

キャンプ用品、百円ショップ、服屋、スーパー全て揃った白馬屈指の名店。

某ドンキに負けないテーマソングは耳から離れなくなることでしょう。

八方の湯

●入浴料金 大人:800円 子供:400円

●営業期間 通年

●営業時間 ①10:00~21:00 ②12:00~20:00

 (木曜日は正午より営業)

白馬村の中でも比較的新しい施設温泉です。

屋外には足湯もあるので、ちょっと立ち寄るのもいいと思います。

スノーピークランド ステーション白馬

キャンパーには言わずと知れた白馬の名物施設になりつつあります。

スターバックスコーヒーも併設されているので、カフェがてら立ち寄るのもアリでしょう。

ちょっとお高めのオシャレなお土産を購入できますよ。

景色&施設が綺麗なキャンプ場

快適なファミリー向けキャンプ場をレポートしました。

景色良好で水回りが綺麗ということで、多くのキャンパーの要件を満たしている気がします。

ロケーション重視の方は、山が白くなりだした10月、11月に訪れると満足度も高いと思いますよ。

皆さんも【わさび】と【絶景】を堪能しに訪れてみてはいかがでしょうか(^^)

白馬森のわさび農園HP

サクッと予約したい方はコチラ↓

予約サイト〔なっぷ〕

同じく長野県白馬村のキャンプ場です。

川遊びも一緒に楽しむならコチラもオススメです。

【オススメサイトも解説】白馬アルプスオートキャンプ場を徹底レポート! キャンプ場のいいところ ☆白馬村の美しい山々を望める ☆川遊びOK ☆温泉が近い 長野県白馬村のオートキャンプ場の...