キャンプ場紹介

【徹底レポート】片貝山ノ守キャンプ場で川遊びキャンプ!

キャンプ場のいいところ

☆川で涼しく遊べる

☆周辺施設も豊富

☆トイレ、炊事場も綺麗

夏の灼熱キャンプ。

テントを設営するのも一苦労。

せめて涼しく家族で遊べる場所に行きたい!

そんな方にオススメのキャンプ場をご紹介。

川遊びできるキャンプ場に行こう!

とても綺麗な川で涼しく、快適に過ごせましたよ♪

【我が家の利用履歴】

7月中旬

片貝山ノ森キャンプ場

平成21年に建設された、比較的新しいキャンプ場。

横を流れる片貝川は、日本でも屈指の急流河川。

氾濫に伴う大きな工事を繰り返す中で、現在の状態に整備されたようです。

場所富山県魚津市三ヶ字
ゴツタ84-1
標高308m
営業期間4月後半~11月末日
(天候により変動あり)
予約方法電話での事前予約
TEL0765-32-7755
チェックイン午後13時~午後17時
チェックアウト午前10時
デイキャンプ可能
サイト種類オートサイト
フリーサイト
電源サイトオート
トイレ洋式
施設使用料
(小学生以上)
100円/1日
直火禁止
ゴミ持ち帰り
ペット同伴不可

綺麗な川のほとりでキャンプができる!

alt="滝とキャンプ場"

気温が暑い時期に訪れるなら川遊び一択!

綺麗な川、大きな滝の下で涼しく過ごせますよ。

ローケーションに不足はありません。

景色を楽しみたいキャンパーも十分満足できると思います。

アクセス

魚津IC→県道132号

魚津ICから車で約30分で到着。

そこまで複雑な道のりではありません。

alt="T字路写真"

県道132号の道中、このT字路を左に行けばゴールです。

道中はやや細い山道になります。

気を付けて走行しましょう。

サイト構成

フリーサイト15張り
オートサイト8区画
(電源あり)

大きなキャンプ場ではなく、利用できる組数も少なめ。

滝の音を感じながらひっそりとキャンプが楽しめます。

alt="芝生"

芝は綺麗に管理されており、どのサイトでも心地よく過ごせますよ。

オートサイト

alt="オートサイト"
区画数8区画
サイズ10m×10m
AC電源有り
1泊2日4,200円
デイキャンプ2,200円

滝のすぐ近くに並ぶ、区画されたサイト。

ドームテント+タープで丁度いいサイズ感です。

小川張りの方が多い印象でした。

ツールームテント+大型タープだとギリギリかも。

alt="オートサイトペグ打ち"

ペグ打ちは良好。

ピンペグでスイスイ打ち込めます。

筆者の独断と偏見でオススメのオートサイトを以下に決定しました。

滝に一番近い一等地!

alt="オートサイト3番"

サイト番号は3番。

他の区画から独立しており、開放的に過ごせるサイト。

川へのアクセスのしやすさもあり、区画の中ではイチオシではないかと。

ただし、就寝中に滝の音が気にならない方向けです。

フリーサイト①

alt="フリーサイト①"
張り数15張り ※
1泊2日2,000円
デイキャンプ1,000円

※2021年現在は、新型コロナウイルス対策で10張りに制限中。

なるべく間隔を開けて設営しましょう。

広々とした芝生。

お好きな場所に設営可能です。

滝からは一番遠いサイトになっています。

alt="フリーサイト①駐車場"

サイトの前に駐車スペースがあります。

キャンプ場に備え付けの台車はありません。

運搬はこちらからどうぞ。

フリーサイト①ならキャリーワゴン持参がオススメ。

alt="フリーサイト①ペグ打ち"

こちらもペグ打ちは良好。

ピンペグでも問題ありません。

alt="フリーサイト①の川への階段"

階段が近くに設置されており、川へのアクセスは良好です。

フリーサイト②

alt="フリーサイト②"

オートサイト近くの川沿いにもフリーサイトがあります。

3組くらいでピッタリな印象。

オートサイト用の道路を利用し、荷物の運搬を行えるので楽チンです。

筆者はこのエリアを利用しました。

alt="フリーサイト②に設営したカマボコテント"
使用したテント

☆カマボコテント3M

☆チーズタープM

alt="滝とランタン"

ココからのロケーションは最高!

フリーサイトの中では、人気がありそうな雰囲気。

繁忙期は、デイキャンプを利用して午前中から場所取りするのもアリですね。

ペグ打ちに注意

alt="フリーサイト②ペグ打ち"

このエリアは、大きめの石があちこちに潜んでいます。

エリッゼステーク(鍛造ペグ)でもかなり苦労しました。

完全に打ち込めるところもあれば、半分くらいしかペグが入らないところもあり。

プラスチックペグでは歯が立たないと思います。

風が不安な日は、フリーサイト①がオススメ。

設備がキレイ

トイレ、炊事場ともに古い印象が無く、とても清潔感があります。

清掃も行き届いているようです。

alt="炊事場"
alt="炊事場②"

洗剤が備え付けられています。

アルコール消毒もあり。

alt="管理棟とトイレ"

トイレは管理棟にある一カ所のみ。

こちらもとても綺麗。

ファミリーでも安心!

alt="休憩所"

休憩所もあります。

散歩目的で来るのもいいですね。

ゴミは持ち帰り

alt="灰捨て場"

灰は捨てられるようです。

その他のゴミは持ち帰りになります。

さあ、川遊びの時間!

alt="子供と滝"
alt="滝"
alt="小さな滝"
alt="川"

夏に来たなら存分に川を満喫しましょう。

筆者が訪れたのは、7月中旬。

連日晴天だった為か、川の透明度はバツグン!

藻が生えまくり!といったこともなく、川特有の泥臭さも感じられません。

alt="透明な川"

気温が、30度を超えるような日ならずっと遊んでいられるかも。

我が家も休憩を挟みながら、夕方まで川遊びをしました。

【川の水位、流れの強さ】

alt="流れが強い川"

身長が130cmの子供で胸付近まで水位がある箇所がありました。

大人でもしっかり踏ん張らないといけない流れの強い箇所もあり。

当日に川の観察をしっかり行い、安全に遊べる場所を選びましょう。

alt="川の注意点を表示した看板"

上流の片貝発電所から放流のアナウンスがあります。

その際は、一度川から上がっておいた方が安心です。

サンダルは必須!

川遊びでは、気が付かぬうちに擦り傷などを負ってしまいます。

できるだけ安全に川遊びをする為に、かかとの固定できるサンダルは必須だと思います。

生き物!

alt="オタマジャクシ"

オタマジャクシを発見!

捕まえるのに子供は夢中。

よく見たらカエルもピョンピョン。

テント付近では、トンボも飛んでいました。

自然を満喫できるのは、このキャンプ場のいいところ。

釣り

片貝川は、内水面の遊漁にあたると思われます。

釣りを予定したい方は、下記のHPから問い合わせをしてみて下さい。

富山県内水面漁業協同組合連合会

内共第4号(片貝川) (ty-naisuimen.com)

夜間は体感温度が低め

ずっと滝の方角から風が吹いており、夜が深くなるにつれ肌寒くなりました。

どうやら滝から風が発生しているよう。

絶え間なく涼しい風が抜けていきます。

まさに天然のクーラー!

夜中の気温も20度半ばだったので、Tシャツ、短パン、タオルケットで就寝しましたがブルブル。

インナーテントをフルメッシュにしていたのも原因なのですが、結構凍えました。

夏でも、上着と長ズボンは必須!

か、かゆい。。

alt="虫の写真"

なめていました。

家族全員がTシャツ、短パン。

「虫除けスプレーしておけば余裕でしょ」と油断MAX。

全員、5カ所くらいは足を刺されました。

おそらく犯人はブヨ(ブユ)。

観察していると、巨大なアブもウロウロしています。。

虫よけ対策は万全に!

alt="香取線香"
蚊取り線香ごときでは効果は感じられず。

なるべく肌を露出しないことをオススメいたします。

alt="動物注意の看板"

フリーサイト前の看板にも注意喚起が。

写真左の方に関しては、対策が困難な気がしてなりません。。

周辺施設

満点の湯魚津店

お風呂、休憩室ともに広くて綺麗。

食堂もあるのでまったりできますよ。

アップルヒル

食料品、薬局、美容室などがある多目的施設。

ここにくればほぼ事足りるでしょう。

コメリパワー魚津店

薪や炭などのキャンプ用品も豊富。

忘れ物をしたらここに立ち寄りましょう。

オールシーズン楽しめそう!

alt="滝とチェア"

涼しい夏の思い出を作れること間違いなし!

春、秋ならロケーションを満喫しながらの焚火もオツですね。

ペグ打ちもしやすい!

初心者の方も安心♪

虫や防寒の対策を怠らなければ、快適に過ごせるキャンプ場だと感じます。

人口の滝ですが、なんだか幻想的なキャンプ場。

みなさんも一度足を運んでみてはいかがでしょうか?