キャンプギア

【改良点はどこ?】マルチファイアテーブルⅡ40泊使用レビュー!

囲炉裏テーブルってお洒落。

欲しいけど、実際の使い勝手が知りたいな!

焚火を楽しむ喜びに目覚めると、揺らめく炎の前に常駐したくなる病が高確率で発症します(筆者)。

こうなるとトイレや子供の面倒を見る時以外、ほとんど立ち上がらなくなるものです。

そんな人にオススメなのが【マルチファイアテーブルⅡ】

大好きな焚火から離れることもなく、楽しい会話が弾む事間違いなし。

マルチファイアテーブル(旧品)との違いや囲炉裏テーブルならではのメリット、デメリットも併せてレビュー。

購入の判断材料になれば幸いです。

使用回数は40泊以上。

焚火が大好きな4人家族がご紹介!

マルチファイアテーブルⅡを選んだ理由

囲炉裏テーブルの有名どころはコチラ。

スノーピークの【ジカロテーブル】

コールマンの【ファイヤープレイステーブル】

とても軽量でオシャレ。

どちらを選んでも失敗のない買い物だと思います。

ただ上記のテーブルには一つの共通点があります。

それは、【テーブル単体で使用する設計ではない事】

テーブル4台全てが同じ大きさで、独立して使用できるものが欲しい!

alt="マルチファイヤーテーブルⅡを単体使用している写真"

ということで尾上製作所(ONOE)のマルチファイアテーブルⅡを選択した次第。

信頼における日本のメーカーで、価格も1万円以下と条件が揃っていたのは大きなポイントでした。

マルチファイアテーブルⅡのスペック

alt="マルチファイヤーテーブルⅡと外袋"
品番MT‐8317‐Ⅱ
材質(本体、足)鉄(塗装)
組み立て時サイズ
W×D×H (mm)
(約)
1000×1000×270
収納時サイズ
W×D×H (mm)
(約)
870×170×100
重量(約)9kg
収納バック有り
(ポリエステル製)
生産国中国

尾上製作所が手掛ける、マルチファイアテーブルⅡは、2021年現在で2代目。

生産は中国ですが、検品に力を入れている雰囲気が伺え、一定の安心感があるメーカーです。

alt="マルチファイヤーテーブルⅡの外袋の内側"

収納バックの内面も補強があり、破れる気配はなさそうです。

マルチファイアテーブル(旧品)からの改良点

実際に使用してみて、これは改善されて正解でしょ!ってポイントをピックアップ。

ジョイント穴の形状変更

alt="マルチファイヤーテーブルⅡのジョイント穴"

旧品は、丸穴のみでしたが、今回より写真の形状に変更が行われました。

穴に差し込む→スライドさせてロック

これでテーブルの連結が外れにくくなりました。

むしろこの形状ではない無い旧品は、すぐ外れちゃってどーしようもなかった事が容易に推測できます。

足のダブルロック

alt="マルチファイヤーテーブルⅡの固定具①"

突起の奥まで押し込むことでロックされる構造。

基本的には、ロック①のみで足が固定されているような感じです。

押し込むのが意外と硬い!

alt="マルチファイヤーテーブルⅡの固定具②"

ロック②は安全装置的な役割。

これをしておけば、足が倒れる心配は無し。

マルチファイアテーブルⅡのメリット

焚火を囲む食卓

alt="マルチファイヤーテーブルⅡと景色"

焚火×囲炉裏テーブル=団らん

これ以上語る必要がないような。。

我が家のように、食事うんぬん抜きにして、団らんの為だけに買っても損はありません。

春、秋なら間違いなく手放せないテーブルになるでしょう。

雑に扱える

alt="マルチファイヤーテーブルⅡにフライパンを置いた写真"

アツアツのフライパン(26cm)を気兼ねなくON!

(ちょっと”映え”を狙って生ハムもON!)

alt="マルチファイヤーテーブルⅡに魚を置いた写真"

ほっけが焼けたらすぐにON!

alt="マルチファイヤーテーブルⅡに焼き芋を置いた写真"

焼き芋も焼けたら次々ON!×2

(某ユーチューバー風)

それでも変形したりしません。

この頑丈さが一番の魅力でしょう。

alt="マルチファイヤーテーブルⅡを水洗いしている写真"

汚れたら水でジャブジャブ。

オシャレな木製テーブルもいいですが、筆者はこの雑さ(無骨感)が好み。

alt="マルチファイヤーテーブルⅡを乾燥させている写真"

それそれが自立しているので、天日干し乾燥も楽チン。

ファミリーにはちょっぴり安全

alt="マルチファイヤーテーブルⅡと焚火台"

囲炉裏スタイルにすれば、小さいお子さんがいる家族でもちょっぴり安心。

直接火に触れられず、つまずいたりした時でも安全柵の役割を担ってくれます。

冬キャンプをする方は、真ん中にストーブを置くのもいいでしょう。

ちなみに夜になると千鳥足になる筆者の安全にも貢献しています(苦笑)。

使用スタイルは自由

alt="マルチファイヤーテーブルⅡ単体使用例①"
alt="マルチファイヤーテーブルⅡ単体使用例②"

単体でもぐらつきなし。

一人一つずつテーブルを使用することも可能。

あっちこっち移動できるのは、うれしいポイント。

alt="マルチファイヤーテーブルⅡのアレンジ例"
alt="マルチファイヤーテーブルⅡ単体使用例③"
alt="マルチファイヤーテーブルⅡのアレンジ例①"
alt="マルチファイヤーテーブルⅡのアレンジ例②"
alt="マルチファイヤーテーブルⅡのアレンジ例③"

自分の好きなレイアウトを探そう!

個人的には、テーブルに安定感がでるので、囲炉裏スタイルが一番しっくりきます。

マルチファイヤーテーブルⅡのここがイマイチ

重い

alt="マルチファイヤーテーブルⅡを持っている写真"

「我慢しましょう。アナタが頑丈なテーブルを望んだのですから」

と聞こえてきそうですが、重いです。

重量は約9kgあり、軽い筋トレ器具並み。

女性だと重労働になるかもしれません。

足のアソビが気になる

ダブルロックをした状態でも足にアソビがあります。

alt="マルチファイヤーテーブルⅡの足の遊び写真①"
alt="マルチファイヤーテーブルⅡの足の遊び写真②"

これが原因でテーブルが倒れた事はありませんが、精神衛生上よろしくありません。

こうゆう構造にしなければならなかったのでしょうか。

一発でバチっと足が決まるといいんですけどね。

しっかり足を広げた状態で、地面にセットすれば問題はありません。

テキトーにセットしてしまう方は気を付けておきましょう。

ストッパーがガバガバになる

alt="マルチファイヤーテーブルⅡのストッパー写真"

このストッパー。

全部ではありませんが、何回か使用してガバガバに。

このネジ穴の形状。。

一般的な工具では、ネジを締めなおす事が出来そうにありません。

どのみちコイツが無くても、使用できるので許しておきます。

ということで、ストッパーの存在価値は不明です(苦笑)。

雑に扱いすぎた。。

alt="マルチファイヤーテーブルⅡの連結穴が歪んでいる写真"

写真では、分かりずらいですが連結する穴が少し歪んでしまいました。

ロックしたまま引きずってしまい変形したようです(自分のせい)。

あまりにも無理やり扱うと、さすがにこうなります。

求めやすい価格なのであまり文句はいえませんが、この穴部分だけ補強してくれないかな。

プラ製品は余裕で溶ける

alt="プラスチック容器が溶けてしまう写真"

囲炉裏テーブルの性質上仕方のないことですが。。

溶けるんです。

プラ製品や紙製品。

別の容器に入れ替えるか、避難させることになります。

温かい食べ物以外は、このテーブルに置いてもなんのメリットもありません。

冷たい飲み物もすぐに温くなる(泣)

キンキンに冷えた飲み物が好きな方は、サイドテーブルを推奨いたします。

サイドテーブルには【マルチスタンドplus】がオススメ!

alt="マルチスタンドplus"

ということで、オススメしたいサイドテーブルがこちら。

せっかくだからと一緒に購入したオプション品です。

これが思いのほか大活躍!

alt="マルチスタンドplusの使い方例"

このように、焚火で溶けてしまう容器を救済してくれています。

囲炉裏テーブルよりも食卓テーブルの役割を果たしているという矛盾(苦笑)

汎用性も高くオススメです。

alt="マルチスタンドplusの使い方例②"
alt="マルチスタンドplusの使い方例③"

焚火台のお供でも活躍してくれています。

マルチスタンドplus単体での購入も全然アリ。

マルチファイヤーテーブルⅡまとめ

alt="マルチスタンドplusの使い方例④"

・頑丈で雑に扱える

・熱いものも平気

・単体でも使用可能

・スタイル自由

気になる点はありますが、許容できない範囲の欠点が見受けられません。

気取ったブランドではなく、価格面も良好。

囲炉裏テーブルデビューにピッタリ。

春、秋シーズンならレギュラーメンバーとしての活躍は約束されています。

焚火で暖をとりながら温かい料理を食べて、会話を楽しみましょう。

1万円以下で家族団らんが手に入るなら筆者はお得かなと思います。

2022年1月現在、8,000円弱(送料込み)が最安のようです。